作業のしやすさと安全靴の関係について

main-img

工場などで作業を行う際には安全靴の着用が義務付けられることが多いものですが、一般的に安全靴は内部に鉄芯が入っているため非常に重く歩きにくさを感じる人も少なくありません。


そのため作業性が低下し作業がはかどらないと言う問題を生じる事も多いものです。

しかし工場には様々な危険があり、その危険を回避するためにはやむを得ないと考えられている側面もあり、結果的に本来の作業性を低下させてしまう要因になっている傾向もあります。安全靴を着用しない場合には、足元に重量物が落下した場合などの怪我の危険を回避できない事が多いものです。

こちらの安全靴とは情報サイトです。

そのため作業性が低下しても事故を未然に防ぐためにその着用が必要となりますが、作業性の向上を図るための様々な検討も進められており、最近では従来の安全靴にはない動きやすさを追求したものも非常に多く発売されています。



さらにこれらはデザイン性に非常に優れている点も大きな魅力です。



以前は非常に無機質なデザインが多かったのですが、最近では工場に女性の労働力が多く進出した事もあり、そのデザイン性が非常に注目されています。通常のスニーカーのようなデザインを持つものも登場しており、また重量も軽量化され、その原因であった鉄芯についても最近のものは強化プラスチックなど軽量のものを使用するようになった事からデザインの自由度が高まり、女性が履いても違和感のないものが非常に増えています。
安全靴を着用する事は作業中の事故等を回避する上で非常に重要ですが、合わせて作業中の快適さを追求する事も近年では重視する傾向にあるため、この変化は多くの職場で歓迎されているものになっています。

安全靴のサポート情報

subpage1

安全靴は、作業現場でのさまざまな危険や怪我から安全に足を守ってくれる大切なものです。普段履くものはサイズを正しく選んで履く人が多いのですが、現場で履くものは、サイズもあまり気にせず脱げなければそれでよし、少々サイズが合わなくても大丈夫などの気持ちで履いている人が多くなっています。...

more

安全靴の最新情報

subpage2

最近の安全靴は様々な性能の向上が見られます。耐久性・軽量化・省コスト等、20年程度の間で飛躍的な性能の向上が見られました。...

more

安全靴をよく学ぶ

subpage3

工場や戸外での作業には安全が第1です。そのため、仕事をする人の安全を守るためには、様々な装置や装備の工夫が長年に亘って行われて来ました。...

more

安全靴について思うこと

subpage4

工場や建設現場では、そこで働く人たちに安全靴の着用を義務づけていることも珍しくありません。つま先や足の甲を保護するためには、鉄板などの保護材が使われている安全靴の着用により、骨折や裂傷などの怪我を防ぐことができるためです。...

more