履きやすい軽量の安全靴

工場や戸外での作業には安全が第1です。
そのため、仕事をする人の安全を守るためには、様々な装置や装備の工夫が長年に亘って行われて来ました。

安全靴もそのアイテムの1つです。

軽量の安全靴情報を豊富に提供しています。

靴のつま先部分に金属を入れて、一定の重量の物が落下したりしても、足先を守るようにしたものです。
もちろん、JISで定められた重量以上の荷重が掛った場合には保護しきれませんが、それでも工場や戸外での工事現場で、ちょっとした部品や工具が落ちた場合には足を守ってくれます。

足先だけを保護する事が、それほど重要なのかと思われがちですが、指が骨折するだけで踏ん張る事が出来ず、歩行が困難になる為、結構重要なのです。

またちょっとした部品や工具を落とした場合、直撃する可能が高い身体の部位は足の甲から足先であり、そこをしっかり守る事は大きな意味があるのです。



この安全靴には、足を守るメリットがある反面、重くなり、歩行する際にやはり違和感があるのが欠点です。
その為、長年に亘り軽量化する事と、違和感をいかに減らすかと言う視点で改良が加えられ、また現場に応じた種類を多数用意する事で、少しでも軽量で各現場に向いたものを選択できる様にも進化してきました。
工場の用途では、布状のスニーカー的なデザインで軽量化を図ったり、戸外の電気工事等では軍靴様のデザインですが、足回りのみを厚手の皮や人工皮革を使用し、足首を包む部分は薄手を使う等の工夫がなされています。



少しでも安全性を確保するため、現場にあった靴を選択し、活用される事をお勧めします。