軽量の安全靴が人気になるわけ

工場や建設現場では、そこで働く人たちに安全靴の着用を義務づけていることも珍しくありません。

つま先や足の甲を保護するためには、鉄板などの保護材が使われている安全靴の着用により、骨折や裂傷などの怪我を防ぐことができるためです。

しかし、あまりにもつま先の保護を優先しすぎるあまり、重すぎる安全靴が増えすぎて、新たな問題を引き起こしています。

軽量の安全靴ってとにかくお勧めなんです。

保護能力を重視すると、アッパー部分に頑丈で分厚い合成皮革が使われることとなります。


また、つま先に入れられる鉄製のプレートも分厚くなるため、重くならざるを得ません。

そして、靴底には滑りにくくて、すり減りにくい15mmから20mmのソールが追加されます。



これでは、左右を合わせた重さが、1kg近くになったとしても驚かないでしょう。

その一方で、軽量の安全靴が人気となっている現実があります。



重すぎると、労働者の疲労が増すことがわかっているためです。

その点、軽量のシューズは疲れにくく、動きやすいという特徴があります。


最近では、工場や建設現場で女性や高齢者の活躍が目立つようになっており、軽量のシューズは時代のニーズにもマッチしています。
軽量だからと言って、安全性を犠牲にしているわけではありません。


製造メーカーでは、新素材の開発や無駄な部分を大体に省略することにより、軽量化を実現しています。


同じ性能があるなら、重いシューズよりも軽いシューズのほうに人気が出るのは必然だと言えます。